雷魚日和!
昨日,今年初めてのお隣の県へ雷魚に行って参りました。

此方は私にとって本格的な雷魚第一歩の場所でもありますが,昨年は数度の釣行で1匹と散々な結果に終わった場所でもあります(汗)

この敗北感を払拭すべく意気込んで早朝より出発致しました。

しかし,道はすっかり忘れ(汗)更に昨年に比べ同時期にも関わらずカバーが掛かっている場所が少なく感じました。
やはり昨年より少し涼しいのかもしれないな,と思いつつもあちこち廻り,漸く浮き草メインの場所を発見し,投げる事に。

そこでは小さなたまりの様な場所に3~5cm程のちび雷魚が沢山おり,将来の不安を少しだけですが少なくさせてくれました。
その場所には20cmにも満たない様な個体もおり,どうにか持って帰りたいと言う衝動を抑えつつ様子を眺めていました。

まあ,眺めているだけではリベンジにはならず,早速投げてみると出るのは出るのですが,小さいか鯰の様なアタックで暫くそれらしい当りはありませんでしたが,浮き草が水草によって避けている場所へ通した所良いアタックが!

が,いつもの様に早合わせですっぽ抜けてしまいました(汗)
更にフロッグが自分目掛けて急襲,避けたものの,丁度通り遭わせたおばあちゃんに恥ずかしい所を見られてしまいました…。

その後,数度のアタックがあったにも関わらず乗らず…。
場所を移動する事に。

その後,カバーのある場所を求めウロウロし投げるものの反応すらない場所ばかりで,いよいよ昼にも差し掛かり,一抹の不安がよぎる中,新たな場所でキャストする事に。

そこではカバーの上に居る雷魚も居るものの,それらは全く反応せず。
いよいよ駄目か,と思った矢先カバーの下より強烈なアタック!

c0023578_154855.jpg


70cm程,がっちりゲットする事が出来ました♪

気持ちも上向き,俄然やる気も出て来た所で間を置かず即ヒット!

c0023578_17563.jpg


60cmちょい,ますますテンションも上がって来ましたが,ここでちょっと休憩,昼も取らず黙々と投げていたので買っていたおにぎりを食べまた移動。

移動して即キャスト即ヒット!
重量,見た目も間違いなく今期最大の予感。
所が取り込み時に立ち上がった草に当て落下(汗)
そこは水際の草むらで足を置くと水没する場所でしたが,まだ逃げずにじっとしている状態のまま。
勿論,躊躇せず草むら,むしろ水路へ(爆)
両手で掴み上げ様とするもなかなか上がらず,そこをテールで一撃,方向転換され水の中へ消えてしまいました…。

逃した魚は何とやらと申しますが,両手で一杯のあの太さと重量は確実にサイズ更新でした…。
恐るべきは見事ツキまで落ちたのか当りがぱったり途絶えてしまいました(涙)

良いタイミングかと帰路数箇所を巡る予定で出発。

最初の場所に着くも強風,しかもかなりの強風でまともに飛ばず…。
気配も感じられないので早々に移動。

暫く走り次のポイントへ,ここでも風は治まらず。
更に行く手には暗雲とかすかに聞こえる雷音(汗)
暫くキャスト,数度のアタックがあるものの痛恨のすっぽ抜け…,相変わらずです。
雷を恐れ更に移動。

またまた次のポイントへ,風は治まったものの,此方も見え雷魚が確認出来るものの全く食わず…。
追ってくるものの喰わない,又は逃げる個体ばかり。
既に叩かれまくっている様でした。

いよいよ最後の一箇所。
時間は時間でしたが日の長さも幸いしてまだまだ明るくチャンスはありそうな予感。

暫くキャストしつつ移動,数度のアタックがあるもののどうも鯰っぽい…。

c0023578_1373090.jpg


と思っていたらやっぱり(汗)
因みに900g程。

その後も鯰らしいアタックはあるもののメインはなく…。
いっそ鯰狙いで行くかと水路の流れ込みの流れ落ちている場所にキャスト。

水流に巻かれている中でヒット,鯰だろうなあ,と寄せてみると…。

c0023578_1403163.jpg


50cmはない若雷魚ちゃんでした。
サイズを測るのも何なので此方も重さを測定,約1.2kg程でした。

それから暫くキャストし続けるも鯰の気配ばかり。
水路ばかり見ていたのでふと気が付くと辺りは既に暗くなっていました(汗)

そんなこんなで終了。
気が付けば腹も減りまくり,喉も渇きまくり。
ざっと12時間釣りっぱなしでした(汗),移動の時間もありましたが…,没頭し過ぎでしょうか。

結果,やはり何故だか雷魚は一日3匹の壁が越えられず…。
当面の目標はやはり5匹と90cmアップかな,と。

しかし,某県も本格化するのには今暫くかな,と言う感じでした。
後1~2月後ですね。



さあ,今週末の天気が気になります(馬鹿)
[PR]
by aquariumjunkie | 2005-05-31 01:58 | 釣り
<< ブログ! 久し振りのブログ >>